baikubaiku
baiku
とりあえず取り付けて乗ってみた!

取り付け車両は2007年FLHTR、改造箇所はサイレンサー、サンダーマックス、ブレーキローター程度でタイヤ、ホイール、サスペンションなどの足回りはノーマルの状態。

このままでも不満がでることはありませんでしたが、とりあえず取り付けて試乗しました。

まず、まっすぐ走った感じはそれほどかわりません。結束が強くなった分、若干ですが振動がふえたような感じです。ちょっとした段差などを超えたときは装着前に比べて少々ゴツゴツしたような感じになりました。

次に1速で曲がるような普通の交差点ですが、この程度の速度でもその効果ははっきり体感できます。
特に感じるのがバンクさせる時の重さで、ノーマルのどっこいしょとバンクさせていた感じがまったく無くなり、バイク自体が小さくなったような印象になりました。

コーナーが連続であるようなところではその効果は絶大です。
まず切り返しが速い!スパっと狙ったラインに入るので、ノーマル状態でははらんでしまうように突っ込んでもまったく問題がありません。タイトコーナーだと本当に別のバイクのような感じです。

総合すると1500rpmから1800rpmぐらいで振動が減り、2000rpmより上の回転では振動が増えた印象です。
ただ、気になるような細かい振動ではなく、いかにもハーレーらしい振幅の大きい振動ですので慣れてしまえば気になるレベルではありませんでした。
直線ではそれほど変わった印象は無いですが、負荷がかかるコーナーなどではまるで別のバイクになったような印象です。
とにかくバンクから立ち上がりまでの安定感は特筆に価します。仮に2人乗りや大量の荷物をつんだ場合は直線でもその効果は体感できるのではないでしょうか?