baikubaiku
baiku

パーツ登録件数(274,505点、2006年10月現在)、年間入荷パーツ(約70,000点、2005年度実績)
常時在庫パーツ(約30,000点、2006年7月現在)スリーマイルズの実績数字です。
小さなネジからフレーム、コンプリートエンジン、旧型車・新型車、全てのパーツに対応します。

  • カスタムクローム【CCI】

    日本のカスタマーの間でもポピュラーで、部品を探すときに一番最初にカタログを開くメーカー。カタログ構成も非常に見やすく、旧車のパーツからハイテク系のパーツまで幅広く対応。売れ筋のバイク、売れ筋のパーツならこの一社ですべて対応できる。エンジン、ミッションなどの精度を必要とする部品もここなら信頼できる。

  • パウコ【PAUGHCO】

    フレーム関係からタンクと、バイクの主要部分を占める大きな部品が得意。歴史も古くキャプテンアメリカのほとんどはパウコ製の部品である。マフラーなども大変品揃えが多く、しかも手頃。フレームも品質が高く安心して選べる。また、旧車にマッチしそうな部品もある。フルカスタムするならこのメーカーは重要な存在である。

  • クリアキン【KURYAKYN】

    クリアキンスーパーチャージャーは有名で、カスタムしている車輌を多く見かける。そのほかのパーツも個性的なものが多く、メッキの品質もアメリカメーカーの中ではトップクラスである。実用的パーツは少ないが、ハイテク系ドレスアップ部品を使用したカスタムシーンを、その品質とデザイン性で、引っ張っていくと思われる。

  • ブイツイン【V−TWIN】

    旧車ファンならこのメーカーがなければ始まらない。特にレストアなどをするときには、当時のロゴマークなどを真似た部品があるなど重宝する。中には昔のハーレー純正部品が送られてくることもある。修理部品も他メーカーが出していないような細かなパーツまであり、旧車=V−TWINのイメージを広く確立している。

  • リベラ【RIVERA】

    SUキャブやプリモのベルトドライブキットなど、カスタムには欠かせない部品をリリース。また、プロクラッチなどに代表される純正を補正する部品にも注目。あまり見かけない部品があったり、カタログを眺めてるだけで発見があるメーカー。品質は非常に高く、専用と歌っている部品は完全にボルトオンできる安心メーカー。

  • パフォーマンスマシーン【PERFOMANCE】

    ひと昔はブレーキのイメージが強かったが、最近はホイールもデザイン豊富である。メッキ、ポリッシュとも非常に高品質で、人気も高い。社名に恥じないような高性能のブレーキシステムも魅力的である。また、リヤのワイドタイヤキットなどの部品も、非常に高精度で、まさにハイテク部品販売ではトップクラスといえる。

  • ドラックスペシャリティー【DRAG】

    パーツ販売メーカーとしてはアメリカでも最大規模。アメリカのハイテク部品販売の長。V−TWINが旧車部品ならDSはハイテク部品だ。個性的なカスタム部品も多く、個性を主張したい人にはお勧め。修理部品も高品質なものが多く、失敗の無いメーカー。日本車用の部品からスノーモービルまで幅広い販売をしている。

  • エスアンドエス【S&S】

    いわずと知れたチューニングメーカー。キャブレターなどが非常に有名だが、ストローカーなどエンジン系部品も秀逸。エアクリーナーもその造詣にファンが多い。バイクを早くしたいなら一番お世話になるメーカー。最近ではインジェクションの部品も多く、旧車、新車問わずパフォーマンスアップを考えるなら必ずお世話になる。

  • ダブリュアンドダブリュ【W&W】

    ヨーロッパ部品販売の長。歴史は古いが日本で認知されてきたのは最近。ヨーロッパ方面のハイクオリティー部品や、アメリカでは生産されていない旧車用部品も多い。特にハイテク系の部品は本場だけあり、素晴らしい。カタログも凝っていて見るだけで楽しい。CCIやV−TWINでも無いような部品があったりする。